PAST EVENT

NCC Shizuoka 2012展覧会企画公募EXHIBITIONS(第2回)

■ 会期:2012年8月13日(月) - 9月1日(土)(日・祝日休み)
■ 開場時間:10:00-20:30
■ 会場:静岡市クリエーター支援センター 2Fギャラリー・3F展示コーナー
■ 主催:静岡市クリエーター支援センター
■ 入場料:無料

展覧会3
「waC×Shizuoka」

入選者:吉田恵美子(焼津市)
会場:2Fギャラリー

心が和むピュアな作品、感性豊かな芸術作品、ユーモアあふれる作品……。季節や地域にこだわった新作品も展示。waCメンバーやこれまでの活動の紹介もあります。(吉田恵美子)

関連企画:
その1:「waC×soccer」公開制作
8月18日(土)14:00 - 15:00
静岡と言えばサッカー!藤枝MYFCの選手をモデルにお呼びして人物画制作! 

その2:「waC×fashion」ワークショップ
8月25日(土)14:00 - 16:00 
小学校生及び特別支援学校生の親子対象のオリジナルエコバック作り。waCメンバーはオリジナルTシャツ作りに挑戦し、東日本大震災被災者の方へ寄付します。

*公開制作・ワークショップ:都合により日時内容等の変更がある場合はHP(wac.digi2.jp)にてお知らせします。

プロフィール: waC(wonderful art Community)
waC(wonderful art Community)は県立特別支援学校を卒業した若いアーティスト達をサポートし、その素敵なアート作品と地域社会や企業、お店などのさまざまな人をつないでいくコミュニティーです。

展覧会4
「大贋作展 MUSEE DU AOUVRE(アーブル美術館)」

入選者:藤原晶子(静岡市)
会場:3F展示コーナー

このたびは、アーブル美術館がコレクションしてきたものをみなさんにお披露目できる機会をいただき嬉しく思っています。「世界の名画」をテーマに8才♂と6才♀の贋作者が腕をふるいました。私達が考える名画とは、世界的に有名であるのはもちろんですが
@その絵が好きであること
Aその絵を見たときに心が動くこと
Bその絵の作者に会いたい!と思うこと、の三点です。
それではみなさま、名画がてんこ盛りの会場にてお会いいたしましょう。

プロフィール: アーブル美術館
アーブル美術館とはルーブル美術館にあこがれている三人組の総称。館長と8才と6才で構成され、名画の模写が特技。休日は図書館か山の上かどっかの美術館にいる。

NCC Shizuoka 2012展覧会について 

静岡県在住者を対象としたCCCの展覧会企画公募「NCC Shizuoka 2012」において、計23組のご応募をいただきました。厳正なる選考の結果、合計10組のクリエーターが選出されました。CCCでは下記日程の通り、2組同時開催の入選企画展を7月から11月の間、5回にわたり開催致します。

■第1回:2012年7月9日(月) - 7月28日(土)
□展覧会「HAN」:増井和人(焼津市)
□展覧会「White plant」:井上久仁夫(御前崎市)

■第2回:2012年8月13日(月) - 9月1(土)
□展覧会「アーブル美術館」:藤原晶子(静岡市)
□展覧会「wac x Shizuoka」:吉田恵美子(焼津市)

■第3回:2012年9月10日(月) - 9月29(土)
□展覧会「僕らのひみつきち。」入選者:近藤大輔(静岡市)
□展覧会「assorted signs in space」:田島康介(榛原郡)

■第4回:2012年10月9日(火) - 10月27日(土)
□展覧会「world.」:タナカユキ(焼津市)
□展覧会「活版2012 –活字とタイポグラフィ-」:
常葉学園大学 杉田研究室 活版印刷同好会(静岡市)

■第5回:2012年11月5日(月) - 11月24日(土)
□展覧会「美しい風」:野沢裕(静岡市)
□展覧会「12頭の山羊」:高杉悦生(富士市)

※各展覧会の詳細は随時ウェブサイトにて公開予定。

募集方法について:
NCC−Shizuoka 2012展覧会募集ページをご覧ください。

■ お問合せ

email: info@c-c-c.or.jp
静岡市クリエーター支援センター
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町4-16
Tel. 054-205-4750 Fax. 054-293-4332