PAST EVENT

NCC Shizuoka 2012展覧会企画公募EXHIBITIONS(第3回)

■ 会期:2012年9月10日(月) - 9月29日(土)(日・祝日休み)
■ 開場時間:10:00-20:30
■ 会場:静岡市クリエーター支援センター 2Fギャラリー・3F展示コーナー
■ 主催:静岡市クリエーター支援センター
■ 入場料:無料

展覧会5
「assorted signs in space」

入選者:田島康介(榛原郡)
会場:2Fギャラリー

私たちを取り巻く空間は、何らかの意味を表す記号(視覚、聴覚、言語的記号等)で溢れていて、私たちは意識する事なくその意味するところを汲み取っています。単一の記号が考えや行動を決定づける役割を持ち、さらに組み合わせによって、複雑な思考、文脈による行動様式を方向付けるものとして、一個人、一社会の形成に大きく影響しています。現代社会で記号の組み合わせが個別の象徴的概念、文脈を作る流れは多く見られますが、その空間内にいる場合、意識しづらいものです。時代の急速な変化の中で受動的に意識させられるのではなく、能動的に意識する事で、個人、社会への落ち着いた認識に繋がる、そのきっかけになればと考えています。(田島康介)

プロフィール:田島康介(たじま こうすけ)
1985年 静岡県榛原郡吉田町生まれ
2010年 ノーステキサス大学音楽学部作曲科 卒業
2009年 Russell Horn作曲賞 受賞
2010年 Soundcrawl Nashville 選出
2011年 SEAMUS National Conference  選出<

東京にて音楽と映像による創作、演奏を中心に活動中
http://www.kohsuketajima.com

展覧会6
「僕らのひみつきち。」

入選者:近藤大輔(静岡市))
会場:3F展示コーナー

としを重ねるにつれて自分の居場所ってどこなのか分からなくなってくる。
夕暮れまで友達と遊んだ公園、寄り道でたどり着いた知らない街。きっと近くにあっても気づかずにいる。そんな僕らのための場所。(近藤大輔)

プロフィール: 近藤大輔(こんどう だいすけ)
1990年生まれ。現在、常葉学園大学造形学部在学
個展「Junkle」 静岡(2011年)
グランシップアートコンペ2012 大賞受賞 (2011年)
グループ展「カンテリウム」 島田(2012年)

NCC Shizuoka 2012展覧会について 

静岡県在住者を対象としたCCCの展覧会企画公募「NCC Shizuoka 2012」において、計23組のご応募をいただきました。厳正なる選考の結果、合計10組のクリエーターが選出されました。CCCでは下記日程の通り、2組同時開催の入選企画展を7月から11月の間、5回にわたり開催致します。

■第1回:2012年7月9日(月) - 7月28日(土)
□展覧会「HAN」:増井和人(焼津市)
□展覧会「White plant」:井上久仁夫(御前崎市)

■第2回:2012年8月13日(月) - 9月1(土)
□展覧会「アーブル美術館」:藤原晶子(静岡市)
□展覧会「wac x Shizuoka」:吉田恵美子(焼津市)

■第3回:2012年9月10日(月) - 9月29(土)
□展覧会「僕らのひみつきち。」入選者:近藤大輔(静岡市)
□展覧会「assorted signs in space」:田島康介(榛原郡)

■第4回:2012年10月9日(火) - 10月27日(土)
□展覧会「world.」:タナカユキ(焼津市)
□展覧会「活版2012 –活字とタイポグラフィ-」:
常葉学園大学 杉田研究室 活版印刷同好会(静岡市)

■第5回:2012年11月5日(月) - 11月24日(土)
□展覧会「美しい風」:野沢裕(静岡市)
□展覧会「12頭の山羊」:高杉悦生(富士市)

※各展覧会の詳細は随時ウェブサイトにて公開予定。

募集方法について:
NCC−Shizuoka 2012展覧会募集ページをご覧ください。

■ お問合せ

email: info@c-c-c.or.jp
静岡市クリエーター支援センター
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町4-16
Tel. 054-205-4750 Fax. 054-293-4332