PAST EVENT

NCC Shizuoka 2012展覧会企画公募EXHIBITIONS(第5回)

■ 会期:11月5日(月) - 11月24日(土)(日・祝日休み)
■ 開場時間:10:00-20:30
■ 会場:静岡市クリエーター支援センター 2Fギャラリー・3F展示コーナー
■ 主催:静岡市クリエーター支援センター
■ 入場料:無料

展覧会9
「12頭の山羊」

入選者:高杉悦生(富士市)
会場:2Fギャラリー

山羊は家畜であるが、野に放たれれば 、再野生化し周囲の環境を変えてしまう程の強さを持っている。例えば、奇形(多すぎる角、長過ぎる鼻管、肥大した頭部など生存に不利な形)を持ち合わせていたとしても、それを利用し野生で生き残るに違いないと思う。自身に課せられた不利を克服し逆に利用したならば、それは個性になる。強い個性を勝ち得た時に生物は既存の種から逸脱した新種と成る事ができると考え、作った。
本当に「自立」した存在とは、そのようなものであると思う。(高杉悦生)

プロフィール:高杉悦生(たかすぎ えつお)
1983年静岡県富士市生まれ、静岡大学教育学部卒業。
主な活動:Wあつしの大運動会(横浜bankART)パフォーマンス(2007)、
浜松アートフォーラム(鴨江別館 浜松市、2008)、日高敏 隆氏講演会(静岡県立美術館) 舞台美術(2009)、その他ワークショップ など多数。

展覧会10
「美しい風」

入選者:野沢裕(静岡市)
会場:3F展示コーナー

旅をする中で、日々の生活の中で出会った風景や現象をモチーフに
映像、写真、絵画、立体、様々なメディアを使って作品を作っています。
普段見ている風景や現象であっても少しだけ変わって見えるだけで魅力的になる。
場所、時間、大きさ、いろいろな要素を使って空間を演出します。
別々の場所から拾いあげた かけらが緩やかに関係を持つ新しい風景として再現させたい。
(野沢裕)

プロフィール: 野沢裕(のざわ ゆたか)
1983年静岡市生まれ、2011年東京藝術大学美術研究科絵画科卒業。『8人の日本人アーティスト東洋の交感』(インド)、『SLASH/07ーできるだけ遠くをみろ』(nap gallery/東京)など国内外のレジデンスプログラムや展示に出展している。
http://yutakanozawa.com/

NCC Shizuoka 2012展覧会について 

静岡県在住者を対象としたCCCの展覧会企画公募「NCC Shizuoka 2012」において、計23組のご応募をいただきました。厳正なる選考の結果、合計10組のクリエーターが選出されました。CCCでは下記日程の通り、2組同時開催の入選企画展を7月から11月の間、5回にわたり開催致します。

■第1回:2012年7月9日(月) - 7月28日(土)
□展覧会「HAN」:増井和人(焼津市)
□展覧会「White plant」:井上久仁夫(御前崎市)

■第2回:2012年8月13日(月) - 9月1(土)
□展覧会「アーブル美術館」:藤原晶子(静岡市)
□展覧会「wac x Shizuoka」:吉田恵美子(焼津市)

■第3回:2012年9月10日(月) - 9月29(土)
□展覧会「僕らのひみつきち。」入選者:近藤大輔(静岡市)
□展覧会「assorted signs in space」:田島康介(榛原郡)

■第4回:2012年10月9日(火) - 10月27日(土)
□展覧会「world.」:タナカユキ(焼津市)
□展覧会「活版2012 –活字とタイポグラフィ-」:
常葉学園大学 杉田研究室 活版印刷同好会(静岡市)

■第5回:2012年11月5日(月) - 11月24日(土)
□展覧会「美しい風」:野沢裕(静岡市)
□展覧会「12頭の山羊」:高杉悦生(富士市)

※各展覧会の詳細は随時ウェブサイトにて公開予定。

募集方法について:
NCC−Shizuoka 2012展覧会募集ページをご覧ください。

■ お問合せ

email: info@c-c-c.or.jp
静岡市クリエーター支援センター
〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町4-16
Tel. 054-205-4750 Fax. 054-293-4332