パフォーミング・アーツ・フェスティバル<br>七間町ハプニング2

イベント

パフォーミング・アーツ・フェスティバル
七間町ハプニング2

2018年3月10日(土)17:30~22:00/3月11日(日)11:00~18:00

この日、七間町は劇場になる!?

七間町ハプニングとは、七間町界隈の施設、劇場、店舗、路上などを舞台にダンス、演劇、大道芸などのパフォーミング・アーツと出会えるフェスティバル。
去年に引き続き第2回目の開催が決定しました。第2回目は2018年3月10日(土)、11日(日)の週末2日開催として、週末の土曜夜の大人のショウと日曜日昼の多様なパフォーマンスを楽しんで頂けます。すべて入場無料となります。
(投げ銭歓迎!)

七間町は明治時代に演芸の街として、大正時代は活動写真、昭和になると映画といったように100年以上ものあいだ、アートやエンターテイメントを通じて、人々に日々の活力を与えてきました。そうした街のレガシーを受け継ぐべく、現代の表現者たちの取り組んでいる身体的創作活動がパフォーミング・アーツです。

七間町ハプニングは、表現者にとってはこのパフォーミング・アーツが人々に浸透し、活力を与えられるように成長するための機会であり、観賞者にとっては新たな七間町の歴史を目撃するまさにハプニングな体験であります。「まちは劇場」が似合う街七間町で多様な身体的表現との出会いをお楽しみに。またこの界隈には美味しい飲食店や個性的なショップが集まっています。観劇の途中にまち歩きもぜひお楽しみください。


「七間町ハプニング2」

会期:2018年3月10日(土)、3月11日(日)

開催時間:3月10日(土)17:30~22:00
     3月11日(日)11:00〜18:00

開場:各会場20分前
   ※各会場とも座席数に限りがございます。予定席数に達し次第、"立ち見"となります。ご了承ください。

会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC) 、スノドカフェ七間町、
   MIRAIEリアン コミュニティーホール七間町、コテラス七間町、UdagawaBaseCafe、
   七間町歩行者天国、水道局庁舎 ピロティ、あそViva!劇場

入場無料(投げ銭歓迎)

主催: 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター

企画運営:株式会社オフィススノド(スノドカフェ)

後援:I Loveしずおか協議会

[ お問い合わせ ]
静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター
〒420-0035 静岡市葵区七間町15番地の1
TEL:054-205-4750 e-mail:info★c-c-c.or.jp ※★を@に変えてメールをお送りください。


○会場&出演者○

地図.jpg


Space A MIRAIE リアン コミュニティーホール七間町 ○各回200席 語り×ダンス×音楽

ハプニング2 スペシャルユニット 【3/11】11:00〜11:30 / 17:30〜18:00

A_okuno03.jpg

奥野 晃士 Akihito OKUNO
1968年、兵庫県淡路島生まれ。2000年よりSPAC-静岡県舞台芸術センターの専属俳優。主な出演作品に、鈴木忠志演出『イワーノフ』(チェーホフ作)(イワーノフ役)、宮城聰演出『夜叉ケ池』(泉鏡花作)(山沢学円役)など。一流音楽家と共演し、文学作品を使って独自のパフォーマンスを展開する「動読(どうどく)」も好評。その他、「リーディング・カフェ・ツアー」の立案、WSの講師等、SPACアウトリーチ活動の草分けとして、また若林豪との共演で話題になった「ふじのくにお寺ムーブメント」等のライフワークを通して、演劇で地域の活性化を目指し、"会いに来てくれる俳優"を自負して、舞台以外の活動も展開している。街援隊アート・ムーブ主宰。

A_oomae01.jpg

大前 光市 Koichi OMAE
片足切断のプロダンサー。リオパラリンピックの閉会式で行われる引き継ぎセレモニーで、日本のパフォーマンスの重要な役割を担う。ダンスに命をかけていた23歳の時、酔っぱらい運転の車にひかれ左足を切断する。ダンサーとしての仕事をすべて失い、痛む足をひきずり、日々を食いつなぐだけの生活を10年間続ける。その後、バレエダンサーの体の勉強、動きを研究。足を失う前に比べて、見違えるほど上手く踊れるようになり、第13回北九州&アジア全国洋舞コンクール第1位などの賞を次々と受賞。新聞各社にとりあげられる他、NHK「きらっといきる」、NHK「ブレイクスルー」、カンテレ(関西テレビ)のCM「超えろ!」、カンテレ(関西テレビ)「ニュースアンカー」などに出演。

torigoe.jpg

鳥越 啓介 Keisuke TORIGOE
岡山県玉野市生まれ。コントラバス奏者。高校時代、吹奏楽部に入部しコントラバスを弾き始める。高校卒業後、社会人の傍ら地元のビックバンドなどで活動、後に脱サラ上京。上京後、様々なセッション、サポート、レコーディングに参加。繊細且つ大胆でハーモニーを感じさせるその演奏は、コントラバスという楽器の固定概念に捉われず、独奏楽器としての更なる可能性を追い求め、幅広い音楽活動を行っている。


Space B コテラス七間町 ○各回50席 コンテンポラリーダンス

tzudoi × シズデ project 【3/11】12:30〜13:00 / 15:45〜16:15

I_tzudoi_1.jpg I_sizde.jpg

2009年に静岡で結成し、コンテンポラリーダンスパフォーマンスを中心にジャンルを越えて集うメンバーによるユニット、tzudoi今回は、静岡デザイン専門学校ファッションデザイン科の学生達が個々のクリエーションを追求したコスチュームを6名のダンサー達が自由に身に纏い、現代性溢れる群舞を披露する。振付はtzudoiの中心メンバーであり、地元静岡でコンテンポラリーダンサーとしての比類ないキャリアを重ねる鈴木可奈子が担当。また、メンバーで、静岡デザイン専門学校非常勤講師である服飾デザイナーの高部葉子がコスチューム・空間構成のディレクションを担当する。コスチュームの服地は欧州の有名メゾン御用達である遠州織物を使用。遠州織物協同組合のご好意により提供される。


Space C 静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC) ○各回50席 

サンユウカ           【/11】13:30〜14:00 / 16:45〜17:15 
ひびのこづえ展 パフォーマンス 【/11】14:00〜14:30

B_sanyuuka.jpg

サンユウカ 音楽×ダンス
静岡県森町天宮神社に伝わる十二段舞楽『納曾利』と、地中海の島国・マルタ共和国の民俗歌謡『アーナ』。今日、当事者以外からはほとんど社会から顧みられない「民俗」を「音楽」に転写することで、どのような現象が起きるのか、という問題定義のもとに、静岡在住の作曲家渡会美帆がこの2つの伝承音楽を融合させた創作楽曲『納曾利とアーナが出あうとき』を静岡在住のフルーティスト古川はるなとギタリスト深澤太一とともに再演。さらに今回は特別参加としてコンテンポラリーダンサー遠藤綾野を加えてのパフォーマンスを披露する。

C_HumanoidLady2.jpg

ひびのこづえ展 パフォーマンス コンテンポラリーダンス 関連イベント
開催中の「ひびのこづえ展」パフォーマンスの関連イベントとして、コンテンポラリーダンサー引間文佳がひびのこづえのコスチュームをまとい、音楽とダンスの世界を繰り広げます。
タイトル:Humanoid LADY CCC ver.(上演時間約30分)※3/10(土)13:00〜、18:00〜の回もございます。


Space D 水道局庁舎 ピロティ 音 楽

Al Niyat (アルニヤト)【3/11】13:00〜13:30 / 16:15〜16:45

E_alniyat.jpg

フランス在住のアコーディオニストtacaと日本在住のギタリスト佐々木優樹のデュオユニット。フレンチジャズ、民族音楽などから習得した技術と、エレクトロニカやポストクラシカルのような響きが混ざり合う。無国籍で情感溢れる音色と、デュオとは思えない白熱した演奏をお楽しみください。グループ名のアルニヤトとはアンタレスの両側にある二星、σ(シグマ)星とτ(タウ)星を合わせた呼び名でアラビア語で大動脈を意味するという。二人が蠍座であることから名付けられた。2018年2月、1stアルバム「Al Niyat」を発売。


Space E あそviva! 劇場 ○各回40席 

安藝 悟   /1018:15〜18:45
Doukyusei 【/10】19:45〜20:15 /11】14:45〜15:15
あまる   【/1111:45〜12:15

D_aki02.jpg

安藝悟(あき さとる) 朗読パフォーマンス
1985年大阪府生まれ。会社員、文筆家。大阪大学大学院卒業後、現在まで新聞社に勤務。2016年より自作の掌編を自身で読み上げる「音読ライブ」を開く。音声による言葉の認識のゆらぎ、言葉が流れていく中での聞き手の認識のあり方などを追求している。

D_dokyusei.jpg

Doukyusei 演 劇
どうきゅうせい。おんなのこたち の ひみつ。その め から、脳みそに伝って ゆび や くちに 溢れ出す、からだのなかから 溢れ出す「ことば」の かたちを 映してる。まだ 今は、えんげきの あかちゃん。

H_amaru02.jpg

あまる 大道芸
芸歴19年。パフォーマー、アーティストとしてジャグリングを基礎とした様々な演目の大道芸ショーを行うほか、興行主として大道芸イベントや小劇場公演のプロデュースも行う。ボールを使ったジャグリングを中心に、お客様を巻き込みつつ次々に演じていくスピード感溢れるバラエティショーです。


Space F スノドカフェ七間町 ○各回40席 

笑福亭羽光  /10】17:30〜18:00 / 20:30〜21:00 
Chata & Safi 【3/10】21:15〜22:00

C_shoufukutei.jpg

笑福亭羽光(しょうふくていうこう) 落 語
落語家。以前はお笑いユニット「爆裂Q」として活動。平成19年笑福亭鶴光に入門し、落語家を目指す。若手落語選手権では優勝多数。平成23年二ツ目に昇進し、古典とともに創作落語も多く手がけている。若手の落語家や講談師で結成した「成金」メンバーとしても活動し、様々なメディアを通して落語の魅力を届けている。ギャグ漫画原作者の顔を持ち、そのセンスを生かした創作落語にハマる方が急増中。著書に『性的人間』(集英社)がある。

C_chata.jpg

Chata & Safi コメディ&セクシーショウ
2000年代独自のキャバレーカルチャーを牽引してきた渋谷青い部屋のレギュラーイベント『キャバレー・キャバレー・キャバレー』の後期メンバーでパントマイムをバックボーンにもつChataとベリーダンサーのSafiが出会う。それぞれがソロのバーレスクダンサーとして活動。


Space G UdagawaBaseCafe ○各回40席 朗読パフォーマンス

蔭山 ひさ枝 / 大岡 淳 【3/10】19:00〜19:30

F_kageyama.jpg

蔭山 ひさ枝
身体的表現に長けており、舞台上でも全身を使った集中した演技を見せる。その身体的表現を利用して、少女の役から青年、お婆さんまで広くこなす。自劇団での俳優活動他、静岡まつり大演舞場MC、映像作品への出演、ワークショップ講師など様々な活動を展開中。

F_ohoka.jpg

大岡淳
演出家・劇作家・批評家。1970年兵庫県生まれ。現在、SPAC-静岡県舞台芸術センター文芸部スタッフ、静岡文化芸術大学非常勤講師、河合塾COSMO東京校非常勤講師を務める。静岡を拠点としながら、アヴァンギャルド・エンターテイナーとして県内外で活動。主要演出作品に、SPAC『此処か彼方処か、はたまた何処か?』(作:上杉清文+内山豊三郎)、絢とひさ枝のふらり旅『シスター・アンティゴネーの暦のない墓』(作:守中高明)、主要戯曲作品に、SPAC『1940 ―リヒャルト・シュトラウスの家―』(演出:宮城聰)等がある。編著『21世紀のマダム・エドワルダ』(光文社)。http://ookajun.com/


Space H 七間町歩行者天国1  

KISSER    /11】13:00〜13:30 / 14:00〜14:30 / 
               15:00〜15:30 / 16:00〜16:30 

JAPAN TIARA 【3/11】14:00〜14:30 / 15:00〜15:30 / 16:00〜16:30

G_kisser_sashikae.jpg

KISSER マジック
観客の至近距離で魅せるクロースアップマジックを得意とする。その中でもカードマジックを得意とし、独特なキャラクターで愉しい空間を演出。パフォーマンスのみならず、マジックのワークショップなども行っている。各種イベント、各種メディアなどで活動の場を広げている。
【Facebook 】Close Up Magician KISSER 【Instagram】kisser_cum 【Twitter】KisserInTheDark

H_Japantiara.jpg

JAPAN TIARA 参加型ウォーキングパフォーマンス 参加型モデルパフォーマンス
就労継続支援B型事業所スタジオプレアデスが障害のある仲間たちと取り組んでいるプロジェクト「JAPAN TIARA」。日本のものづくりの素晴らしさを継承しようと、欄間の技術を応用し、ひのきを素材にしたティアラを創り出しました。このティアラを身につけた参加型ウォーキングショーやバラエティに富んだステージをお届けします。出演 吉田ちか、Mi-CO、けんと、cheer up、高森雄登。


Space I 七間町歩行者天国2  

LAUGH and ROUGH       /11】13:30〜14:00 
あまる&Team劇街ジャンクション  【3/11】14:30〜15:00
渡邊 翼              3/11】15:30〜16:00
Chata              【3/11】16:30〜17:00

H_laughandrough.jpg

LAUGH and ROUGH(らふ あんど らふ) 大道芸
結成2013年Daggle KOMEI(ダグルコウメイ)とわっしょいゆ~たによるパフォーマンスユニット。 既存のジャグリングの枠にとらわれない、 ダンスやパントマイムなどを取り入れた、今までにないパフォーマンスステージを繰り広げます。日本全国のパフォーマンスフェスティバル、劇場で活躍中。

I_gekimachi01.jpg

あまる&Team劇街ジャンクション 大道芸
静岡を中心に活動する劇場系・ライブハウス系のアーティスト有志と、大道芸パフォーマーあまるによるオムニバスのパフォーマンスリレーを行う。不定期ながら『劇街ジャンクション』と題し、七間町エリアを舞台に市街地でのパフォーマンスイベントも精力的に行っている。

H_watanabe_0645m.jpg

渡邊 翼 ディアボロ&シアター
1988年生まれ静岡県出身。沢入国際サーカス学校へ入学後4年間サーカスを学びコンテンポラリーダンスや舞踏の要素をディアボロと融合させた。2012年から主にヨーロッパで活動。その高度なスキルは独創的かつアクロバティックであり、その技術と表現力を評価されフランスの国際マイムフェスティバル"MIMOS"にて35年の歴史で初となる異例のディアボロアーティストとして招聘され "ダンスとディアボロによる詩" と評された。また2015年度のフランス最大のストリートフェスティバル Festival d'Aurillacでは約800組の参加アーティストの中から今年注目のアーティスト10組に選ばれ全国広報誌LA MONTAGNEにて掲載されるなど、フランスを拠点にヨーロッパの様々なフェスティバル&メディアへの出演を行っている。

chata2.jpg

Chata(チャタ) 大道芸
パントマイムをとっかかりに大道芸、舞台などで活動中。テンションに任せた、ハジケルパフォーマンスで青春を先延ばしている男「チャタ」。そのステージの疾走感に熱狂的なファンが続出。ほかにもパントマイムコメディのコンビ「カナール・ペキノワ」やソロでは「パントマイムプロレスリング」として透明人間とプロレスをするパフォーマンスなどで全国各地を回っている。


タイムスケジュール

10タイムスケジュール.jpg

11タイムスケジュール.jpg