トリック3Dアート 魔法の絵画展

展覧会

トリック3Dアート 魔法の絵画展

2019年7月28日(日)~8月25日(日)

お友達同士やご家族で楽しめるトリック3Dアート展をCCCにて開催!
写真を撮って遊べるアートを体験しよう。
カメラ、スマホをお忘れなく!


トリック3Dアートとは?
壁と床だけを使って立体感のある3次元的な世界を作り出す不思議な絵画が「トリック3Dアート」です。
この絵を特定の場所から写真に撮ると、フレームから絵が飛び出したり、
絵画の世界に自分が入り込んだり、3Dのような世界観が楽しめます。


持ち物は、カメラスマホと遊び心
トリック3Dアートの楽しみ方

①写真を撮ろう!
床に置かれた「カメラポイント」に立って写真を撮ると、
 あら不思議!立体的に見える写真ができあがり。
ポーズや表情に工夫すると、さらに楽しい写真が撮れます。

②クイズにチャレンジ!
目の錯覚を利用したトリッククイズにチャレンジ!
 視覚の不思議を体感しよう。

③不思議な作品を楽しもう!
見る方向によって変化する作品も展示。
 不思議なアートを体験しよう。



トリック3Dアート 魔法の絵画展

■会期:2019年7月28日(日)~8月25日(日)
    ※7月29(月)・8月5日(月)・13日(火)・19日(月)は休館。
■時間:10:00~21:00 ※入場は20:00まで
■会場:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター1F・2Fギャラリー
■入場料:無料
■協力:ゴム動力舎
■作品提供:服部 正志 氏

※来場多数の際は一時的に入場を制限する場合があります。
※展示作品はチラシ掲載の作品と異なる場合があります。

プロフィール

トリック3Dアート作家 / 服部 正志(はっとり まさし)
トリック3Dアート作家 / 服部 正志(はっとり まさし)

1962年生まれ。多摩美術大学絵画科卒。
2010年からは主に3Dアートのイベントを展開。
派手なトリックと斬新な表現で国内を代表する3Dアート作家として知られるようになる。
国内外で100回以上の「トリック3Dアート展」「魔法の絵画展」を開催。
ヨーロッパや日本国内のメディアにも多数取り上げられている。
NHK「高校美術1」、日テレ「世界の果てまでイッテQ!」、
ドイツのTV「ガリレオ」など多数出演。ドイツ/ハンブルクにて大型ミュージアム開催中。
国内では川越、湯布院、門司港にてミュージアム開催中。