パフォーミングアーツ・ダイアログス in 静岡<br>#Performing Arts Dialogues #PAD<br>「職業としてのパフォーミングアーツを考える」

イベント

パフォーミングアーツ・ダイアログス in 静岡
#Performing Arts Dialogues #PAD
「職業としてのパフォーミングアーツを考える」

2020年7月11日(土) 14:00 ~17:30(13:30受付開始)

対話型トークイベント。職業という視点からパフォーミングアーツの公共性や社会性、
アーティストの社会の置ける役割をパフォーミングアーツ関係者の対話によって考察し、
活動環境改善のヒントを探っていく。


COVID-19の拡大による全世界規模の経済活動の停止は、文化芸術の世界にも甚大な被害をもたらしている。
特に三密を避けられない舞台芸術の状況は深刻だ。そうした中で欧州各国は経済的な芸術支援、
アーティスト支援策を矢継ぎ早に表明し迅速に救済処置を行った。
ところが日本では国から舞台芸術関係に強権的な自粛要請が出されても見返りも提示されず、
当初はほぼ救済処置などなかった。この違いの要因は何であろうか。
ひとつには文化芸術の公共的価値が社会全体で共有されているか否かということが考えられる。
欧州では芸術は社会に必要なあらゆる仕事と同じように(根本的役割りの違いはあるが)「職業」として認識されている。
しかし日本の社会では一般的に芸術は「趣味」、「娯楽」として見なされている。
それはあくまで「私的/プライベート」の領域にとどまり、「公共的/パブリック」として社会化されることは少ない。
「公」が文化芸術を支えることに速やかに踏み込めないのは、ひとつにはこのような理由によるものではなかろうか。
では、文化芸術が「職業」として正しくその価値を社会に認められていくためには何が必要だろうか。
異なる立場で舞台芸術に関わる実践者の対話を通してそのヒントを探っていく。


パフォーミングアーツ・ダイアログス in 静岡
「職業としてのパフォーミングアーツを考える」タイムテーブル

14:00 プロローグ ダイアログ モデレーター×企画者
甲賀雅章(クリエーター)× 柚木康裕(CCCパフォーミングアーツ・コーディネーター)
14:10 基調講演(プレゼンテーション)
大谷 燠(NPO法人 DANCE BOX理事長)
「私たちのなかでアーティストとはどういうことを意味するのか」

14:55 休憩( intermission )

15:05 ダイアログ セッション1
「二足、三足の草鞋を履いたら、アーティストではないのですか?」
柴田菜七子(ダンサー、会社員)× 甲賀雅章(クリエーター)

15:35転換( intermission )

15:40 ダイアログ セッション2
「才能だけじゃだめ?現代社会を生き抜くために求められること」
大岡淳(演出家、劇作家、批評家)× 伴正人(作曲家・指揮者)

16:10 転換( intermission )

16:15 ダイアログ セッション3
「この先どうするの?俳優は就活の選択肢になるのか」
宮城嶋遥加(俳優、大学院生)× 柚木康裕(CCCパフォーミングアーツ・コーディネーター)

16:45 転換( intermission )

16:50 クロストーク
「そもそもアーティストは職業なのか?」

17:20 質疑応答
17:30 終了


参加申込み方法

■オフライン参加希望者
場所:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 交流ホール
メールで下記情報を明記の上、お申し込みください。
①参加希望種別:交流研修ルーム ②名前 ③電話番号
④職業 ⑤「あなたにとってのアーティストとは」を一言でもいいので、ご記入ください。
センターからの返信メールをもって受付完了となります。
メール送付先:info★c-c-c.or.jp ※★を@に変えてメールをお送りください。
★手続きが完了次第、受付完了メールをお送りいたします。

■ オンライン参加希望者(zoom参加)
メールで下記情報を明記の上、お申し込みください。
①参加希望種別:オンライン ②名前 ③電話番号 ④職業
センターからの返信メールをもって受付完了となります。
*URLなどのアクセス情報は後日お知らせいたします。
メール送付先:info★c-c-c.or.jp ※★を@に変えてメールをお送りください。
★手続きが完了次第、受付完了メールをお送りいたします。

[主催者情報]
クリエイティブを、育む、活かす、魅せる。
静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター(CCC)
〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町15番地の1
TEL:054-205-4750



パフォーミングアーツ・ダイアログス in 静岡
#Performing Arts Dialogues #PAD
「職業としてのパフォーミングアーツを考える」

■会 期:
2020年7月11日(土)
■時 間:14:00 ~17:30
■入場料無料
■会 場:
静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター 交流研修ルーム
*オンライン配信あり Zoom, YouTube Liveを使用。
■定 員
会場参加:14名(コロナ対策にて限定)
Zoomミーティング参加:50名(チャット、質疑応答可能)
YouTube Live配信:(定員なし)https://youtu.be/DUud7on5dFI
(会場参加、Zoom参加は要予約)
■登壇者
ゲスト:大谷 燠(NPO法人 DANCE BOX理事長)
    大岡淳(演出家、劇作家、批評家)
    柴田菜七子(ダンサー、会社員)
    宮城嶋遥加(SPAC俳優、大学院生)
    伴正人(作曲家、指揮者)
モデレーター:甲賀雅章(クリエーター、CCCアドバイザー)
司会:柚木康裕(CCCパフォーミングアーツ ・コーディネーター)
■主催:静岡市文化・クリエイティブ産業振興センター



登壇者プロフィール
ootani.jpg
大谷燠(おおたに・いく)
1952年大阪府生まれ。1996年に大阪でNPO法人ダンスボックスを立ち上げ、多数のコンテンポラリーダンスの公演、ワークショップをプロデュース。2009年より神戸・新長田にて小劇場「ArtTheater dB 神戸」を運営。新進の振付家・ダンサー・制作者を育成する「国内ダンス留学@神戸」や国際交流事業、地域連携事業を多数行う。2017年より神戸アートビレッジセンター館長。
2019年度、芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)受賞。

oooka.jpg
大岡 淳(おおおか・じゅん)
演出家・劇作家・批評家。1970年兵庫県生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。現在、SPAC-静岡県舞台芸術センター文芸部スタッフ、静岡県文化プログラム県域プログラムディレクター、静岡大学非常勤講師、静岡文化芸術大学非常勤講師、河合塾COSMO東京校非常勤講師を務める。編著に『21世紀のマダム・エドワルダ』(光文社)、訳著にベルトルト・ブレヒト『三文オペラ』(共和国)がある。ウェブサイト:https://ookajun.com/

shibata.jpg
柴田菜七子(しばた・ななこ)
静岡出身。8才から新体操をはじめ、桜美林大学進学とともにコンテンポラリーダンスを始める(木佐貫邦子に師事)。卒業後、人材サービス会社へ入社し広報として働く。2015年、ダンスと仕事の両立を目指し、同社でフルタイム勤務から週3日勤務に変更。週3日正社員・週4日ダンサー「踊る広報」として活動。多数メディアに掲載、「Kilkaパラレルワーク・ウーマンアワード2018」受賞。2018年にアートパフォーマンスを広げるべく「踊る銭湯プロジェクト」を企画運営。

miyagishima.jpg
宮城嶋遥加(みやぎしま・はるか)
SPAC俳優。東京大学大学院在学中。バレエ、創作ダンスなどの経験を積み、SPAC人材育成事業を経て、2017年よりSPAC作品に参加。主な出演作に『ロミオとジュリエット』『イナバとナバホの白兎』『グリム童話―少女と悪魔と風車小屋』など。子ども向け演劇ワークショップの講師や、音楽・美術など他分野のアーティストとのコラボレーションなど、劇場の枠を超えた活動にも力を入れている。

ban.jpg
伴正人(ばん・まさひと)
日本大学卒業後に企業の編曲家として活動。その後昭和音楽芸術学院と昭和音楽大学にて作曲と指揮を学ぶ。日本作曲家コンクールにて受賞をきっかけに本格的に作曲活動を開始。これまでに横浜市テアトルフォンテにてミュージカルの音楽監督にてミュージカルの劇伴や絵本「雲の森のマーカス」の絵本PR用アニメーションBGM制作やなど、劇伴、テーマパークBGM、ゲーム音楽を中心に手がけている。また、ホラーを基調とした芸術集団「 POLYCHORON」というユニットの活動準備中。

koga.jpg
甲賀雅章(こうが・まさあき)
株式会社シーアイセンター 代表取締役ディレクター
大阪府立江之子島文化芸術創造センター 館長
大道芸ワールドカップin静岡プロデューサー(1992~2017)
川根本町文化会館 芸術監督(2011-2019)

ディスプレー、内装、編集、デザインなどの会社を経て、1991年株式会社シーアイセンター,2009年ソーシャルデザイン研究所,2018年シティプロモーション研究所を設立。広義の意味でのデザイン、文化戦略を、21世紀型経営の最重要資源として位置づけ、企業、組合、商店街、地方自治体等の活性化におけるコンサルティング活動、ブランド開発事業を展開。CI戦略、ブランディング、コミュニケーションデザイン、シティプロモーション、新商品開発、新業態開発、空間プロデュース、イベントプロデュースと、その活動領域は広く、最近では、ダンサー、役者としても舞台に立っている。