merry-mj solo Exhibition <br>「 あるすてきな、日」

展覧会

merry-mj solo Exhibition
「 あるすてきな、日」

2018年10月12日(金)〜11月4日(日)

その朝、見知らぬ鳥の声に目が覚めた。

ピーヒョロロ

ピーヒョロロ

ピーヒョロロー。

その音は

窓から日差しになって入ってきた。

まぶしいほど、

あるすてきな、日。

Read More
VIEW

展覧会

VIEW

2018年10月12日(金)~ 10月28日(日)

昨日の景色が今日になったら全く違っていて、明日になればまた一つ消える。
同じ朝を探して寄せたり引いたりするのは、夢だと思えないから。
"VIEW"をテーマに油画やインスタレーションを展示いたします。

Read More
Botanical 流木オブジェ展

展覧会

Botanical 流木オブジェ展

2018年9月23日(日)〜10月7日(日)

広告のクリエーティブディレクター 鈴木利和氏が、本業とは一線を画しつつ、
日々行ってきた創作活動から生まれた作品を集めた展覧会です。

作品は、生を全うし砂浜に流れ着いた木〜流木〜を素材に、
生きる力を失ってなお主張を続ける植物の強さを具体化したもの。
その静謐な美しさ、研ぎ澄まされた造形は、
自然界の生命のありようを私たちに問いかけ、
生きるということはどういうことなのか・・・と訴えかけてきます。

鈴木氏の本業である広告クリエイティブとは異なる、
もうひとつのクリエイティビティをぜひご覧ください。

Read More
sizutarou展<br>「イラストで創る、絵本と動画と静岡の街。」

展覧会

sizutarou展
「イラストで創る、絵本と動画と静岡の街。」

2018年9月23日(日)~ 2018年10月7日(日)

大人向け、子供向けの絵本作品、イラスト作品をメインに展示します。
また大人向け絵本作品についてはさらに動画作品としても制作し、動画作品ならではの表現方法で
絵本作品とは一味違った作品世界を演出します。
さらに企画作品として静岡市のユニークなイラストマップを制作します。
イラストを交えながら静岡市の中心部にあるホットなスポットをPRします。
制作したイラストマップを展覧会の配布物、またはやWEBやSNS等でも発信し、会場の外からでも
閲覧できるような作品にしていきます。

Read More
静岡で生まれた名作たち

展覧会

静岡で生まれた名作たち

2018年8月31日(金)〜9月17日(月・祝)

家具産地静岡で1980年〜90年代に作られた、ジョージ ソーデン、倉俣 史朗、内田 繁、ジャスパー モリソン、
ミケーレ デ ルッキ、川上 元美、喜多 俊之による作品20点を展示します。これらは「産地イメージアップ事業・産地振興ダイナミックス事業」(主催=静岡市)としてデザイン・製作されたもので、デザイン史上大変貴重なものです。
歴史的名作を間近で見られるチャンスをお見逃しなく。

Read More
静岡新聞広告賞<br>公募部門 受賞作品展

展覧会

静岡新聞広告賞
公募部門 受賞作品展

2018年7月6日(金)〜7月29日(日)10:00〜21:00 ※最終日は16時まで

静岡新聞広告賞に公募部門が新設された2006年から昨年までの、
すべての受賞作品をCCCで展示します。その数、68作品。
これらを一堂に集めた展覧会も初の試みです。ぜひお気軽にご来場ください。

Read More
Graphic Designers in Shizuoka<br>「JAGDA静岡グラパ展2018」<br>-グラパ賞2017のB1ポスターおよび実物作品を展示-

展覧会

Graphic Designers in Shizuoka
「JAGDA静岡グラパ展2018」
-グラパ賞2017のB1ポスターおよび実物作品を展示-

2018年6月16日(土)〜7月1日(日)

3年毎の開催で第5回を迎えた「グラパ賞2017」。
過去3年間に制作された仕事作品3~5点を自薦し、1枚のポスターに編集した作品の募集を行いました。
そして今回、グラパ賞2017作品集「Graphic Designers in Shizuoka」に掲載されたB1ポスター70作品と現物作品をCCCにて展示します。

Read More
my home town </br>わたしのマチオモイ帖 静岡展

展覧会

my home town
わたしのマチオモイ帖 静岡展

2018年5月18日(金)~6月10日(日)10:00~21:00

ここにもあった!「わたしのマチ」で見つけたちいさなストーリー。

「マチオモイ帖」は、町のガイドブックではありません。
ふるさとの風景や幼き日の思い出を綴ったアルバムのような冊子もあれば、失われた町や、
町に封印していた苦い記憶をこじ開けたような私小説風のもの、
なつかしくもなんともない町と自分との距離感を淡々と撮影した写真集、
おばあちゃんの生きる知恵をイラストにしたやさしい絵本など、内容はさまざまです。

Read More